冷蔵庫 配送

MENU

冷蔵庫の配送が安い業者をかんたんに見つけるには?

冷蔵庫の配送が格安なのはどこなのか気になりますね?

有名どころでは、クロネコヤマトのラクラク家財便があります。

 

サイズごと、配送エリアごとの料金が分かるのでとりあえずチェックしてみましょう。

 

 

 

もしも、他にも安い業者を調べる場合には、引越し一括見積もりを利用してみましょう。

 

(現在、利用の実績が1500万件以上の無料サービスです。)

 

 

たとえ、冷蔵庫の配送といっても、一社だけの見積もりではもったいないです。

 

業者側から提示される料金はマチマチなのが現状です。

 

実際に、複数社で比較した結果では、半額近くまで料金が安くなったというケースもあるんですよ。

 

なので、1社だけでなく複数社間での比較が重要なんです。

 

 

料金がこんなにも大きく変わるのは、業者の輸送方法や利用するトラックのサイズ、配送する日時、冷蔵庫の大きさや重量によって変動して行きます。

 

例えば、輸送方法一つをとっても同じエリアへ運ぶ混載便といった割安な運搬方法や、トラックを貸し切っての割高になる輸送方法まで様々です。

 

冷蔵庫の大きさによっては、対応不可や作業員の増員が必要になったりとここでもまた料金の変動が起こります。

 

 

ですので、同じ荷物、同じ条件でも料金が同一になるという事はありません。

 

 

だからこそ比較が料金の節約のためには肝になります。

 

 

入力も簡単で1分ほどで完了し、後は連絡を待つだけでOKです。

 

 

ご利用は無料でご存知の大手業者が多数参加している一括見積もりを積極的に活用して下さい。

 

お勧めの引越し一括見積もりサービスを全て紹介します!

 

引越し価格ガイド

最大で50%安くなる引越し価格ガイドは、

 

大手運送のヤマトや日通、引越しではアートやサカイから、中小の激安業者まで200社以上の業者の中から最大で10社までの見積もり額が分かります。

 

料金の相場も分かるのは引越し価格ガイドだけです。

 

また、ご利用者だけの特典として、10万円のキャッシュバックキャンペーンも開催中です。

 

公式サイトはこちらから⇒⇒

ズバット引越し比較

ズバット引越しは2200万件と一括見積もりの中でも実績が多く、

 

参加業者も日通や福山通運、佐川などを含む220社以上と最大級のため、格安な業者が見つかる確率が上がります。

 

こちらも、お祝い品としてキャッシュバックキャンペーンや、割引クーポン券がもらえる特典がご用意されています。

 

公式サイトはこちらから⇒⇒

ライフル比較

ライフルは参加している業者が幅広いという特色があります。

 

たとえば、激安で有名な軽貨物運送業の赤帽の営業所が多数参加しています。

 

また見積もり依頼をしたい業者を絞り込める機能が付いているので、あまり多くの見積もりはいらない方にお勧めです。

 

キャンペーンは提携業者によるダンボールの無料配布や割引特典が付いてきます。

 

公式サイトはこちらから⇒⇒

 

全て完全無料でご利用できます。相場より安い業者が居ても慌てて決めずに他の業者の料金もチェックして下さい。

冷蔵庫の配送料金目安を調べてみよう!

冷蔵庫を配送する場合に、料金の目安だけを知りたい方も多いと思います。

そんな時は、業者が提示する大体の概算額を調べれるこちらの計算機をご利用下さい。

 

大きさ/容量 料金目安 重量/配送サイズ
小型1ドア・75L 4170円 20kg/150サイズ
中型2ドア・150L 9710円 35kg/250サイズ
大型3ドア・300L 13060円 70kg/300サイズ
大型3ドア・400L 19735円 90kg/350サイズ
配送区間 北海道〜北海道  

 

 

表示された金額を元手に上記にある一括見積もりサイト参加中の業者との料金比較を行ってみて下さい。

冷蔵庫の配送前の準備や注意点などなど

冷蔵庫を配送してくれる安い業者が見つかったら、準備方法についても確認しておきましょう。

 

配送先が、ご友人やオークション先宛てなのか、ご自身の引越し先なのか別れますが、やる事は全て同じです。

 

まず、中身についてですが全て破棄し空っぽにしないと業者も運べません。

 

前日までに電源を落としておかないといけないため、それまでに中身を食べ切ってしまうか、クーラーボックスに一旦避難させるか、処分するか行って下さい。
(もし引越し先に配送するのであれば、クール宅急便で中身送る方法もあります。)

 

中身を保管する場所が無い場合は、一週間前ぐらいから献立を考え、食材を食べ切るようにして下さい(寄せ鍋がお勧めです。)

 

 

空にした後、電源を抜く時間帯は、配送時刻より8〜10時間前に抜いておきます。

 

冷蔵庫の扉から冷凍室の引き出しまで全て開けておき、氷は廃棄し、自動霜取り機能が付いていない旧式の場合には、自然に溶けるまで待ってからタオルで水気は拭き取ります。

 

この時に、重曹水を吹きかけ、掃除をしておくことで、防臭効果や殺菌効果もあり一石二鳥です。

 

こちらで準備する事は以上で、後は当日に業者が綺麗に荷造りをして運んでくれますので、下手に動かさずにその場所に置いておきましょう。

 

 

 

冷蔵庫を配送した後の、設置方法や注意点する事は何?

冷蔵庫の配送が完了した後の、設置場所や注意点についても確認しておきましょう。

 

まず、設置場所についてはご存じのとおりだと思いますが、壁や両サイドから5cmほどは離しておくように設置して下さい。

 

これは、冷蔵庫は中の空気を冷やし、熱風を外に出す構造になっており、熱をこもらせないようにするためです。

 

くっつけ過ぎると、壁に黒ずみが出来たり、焦げ跡が残ったりするので少しでも周りの物からは離すように設置します。

 

また、上部にも可能な限り荷物は置かずに、特に水気のあるものはこぼした際に感電する危険性もあるためご注意ください。

 

 

アースについては、元々取り付けられていない冷蔵庫が多いですが、心配であれば取り付けておくと安心です。アース接地工事には電気工事士の資格が必要になるので、最寄りの電気店にお問い合わせください。

 

 

また、電源を入れるタイミングは、比較的新しい冷蔵庫であれば、すぐに入れてもメーカー公式では大丈夫となっていますが、もし、配送時に横向きや斜めにして運んだ可能性がある場合(通路幅が狭く、立てたままでは運搬不可だった場合など)は、半日程度待ってから電源を差し込んで下さい。

 

冷えるまでに、夏など暑い時期は8時間以上、それ以外は3〜4時間程度かかりますので、それ以降に食材を入れるようにして下さい。

 

 

配送直後には、冷蔵庫特有の冷えない、音がうるさいといった症状も見られますが、1日は様子を見て下さい。(運転開始直後の冷えるまでは、大きな力がかかるため、音が通常より大きくなります。)

 

 

もし一日経っても、改善しなかったり、予期せぬトラブルが起きた場合は配送業者に事情をお話し下さい。

 

メーカー保証は効きませんが、間に入ってもらい、故障の原因を探ってもらうようにして下さい。